結婚式です。初めて結婚式の招待状が送られた時、あなたは何を心配するでしょうか?ご祝儀?服装?どれもこれも大事です。しかし、まっさきに覚えておかなければならないものはマナーです。

マナーはどんなものにでも含まれています。ご祝儀の金額にもマナーが有り、服装にだってマナーが有ります。マナーをしっかり守っていれば。結婚式で恥をかくこともありませんし、友逹の士気を台無しにすることもありません。その友人が心の底から悪くない限り、ちゃんとしたマナーで正しく結婚式に参加しましょう。

ここではそんなマナーについて紹介していきます。

まず、初歩の初歩のマナーとして、結婚式は清掃でイカなければならないことが基本中の基本です。いくら親しい友人だからといって、まさかジャージ姿で挨拶をしに行くわけにもいきません。こういう場では清掃です。男の人はスーツ、そして女の人はドレスを着て行くことが好ましいです。

このドレスというのが厄介なもので、男はスーツで問題ないけど女性のドレスというのは高い上に着る機会がほぼない。なのでご祝儀と同等のコストが掛かってしまいます。なので、ドレスはレンタルを利用することをオススメします。レンタルドレスは様々なバリエーションのものを切れますし、レンタルなので費用は極めて低コストですよ。

レンタルは失礼に当たるかというと、もちろんそんな訳ありません。むしろ正しい服を着て行くのですから推奨されるものであり、なおかつお財布にも鞘師以降意であると言えます。集合写真でいつも同じドレスを着ている。と言われたくないのでしたら、是非レンタルドレスで出費を抑え、結婚式に出席しましょう。

外部リンクでおすすめ

結婚式やお呼ばれに最適なドレスをレンタルしませんか?【おしゃれコンシャス】

名古屋の結婚式場をお探しならいつでも見学にいけるこちらを検討してみましょう【ザ・グランドティアラ】